SMallpotatoEs スモールポテト

海外駐在員時代の思い出等

Posts Tagged ‘鷲の翼’

鷲の翼に乗ったは良いが(日本人襲撃される)

Posted by japansmallpotatoes : 1月 11, 2010

 ケン・フォレットの「鷲の翼に乗って」はイランに囚われたアメリカ人を救出して、陸路トルコ経由で脱出すると言う、作り話の様な実話を基に描かれた小説です。

私もイラン・イラク戦争の開戦直後にテヘランから陸路トルコへ脱出した事があります。 イラン・イラク戦争は1980年9月20日のイラク爆撃機のテヘラン空港に対する爆撃から始まりました。 緒戦に飛行場が使用不能に陥った為、在留邦人は戦禍を避ける為、飛行機で逃げ出す事もままならず、状況を見極めるべく、暫く戦争の成り行きを様子見の状況が続きました。

一ヶ月経っても飛行場が再開されず、戦争も長期化の様相で、日系の各社は駐在家族及び不要不急の人間の帰国を決めました。その一ヶ月間はイラクのピンポイント空爆を避ける為、夜間の灯火管制、ひいては強制停電が実施されておりました。秋の夕暮れは早く、電気も無くカーテンで締め切った部屋にローソクの仄かの明かりのみ況では、テレビ、音楽、読書等の時間つぶしの方法が何も無く困り果てました。唯一の楽しみがイラク爆撃機がテヘラン上空に侵入した際の、イラン地上軍の迎撃射撃の曳航弾を、花火を見る様な気持ちで、毎晩眺めると言う悲惨なものでした。

大手の企業は各社色々脱出対策を練っておりましたが、一人駐在の我が身では余りなすすべも無く、貧乏旅行時代に経験の有る、テヘランからの長距離国際バスで、トルコに脱出しようかと考えておりました。ところが大使館の骨折りで、大手商社のチャーターバスの空席に一人駐在員を便乗させて貰う事となり、ソニーのH氏、ホンダのS氏等と一緒に、10月22日テヘラン発の丸紅のバスに乗せて貰う事になりました。丸紅のメンバーは殆どが駐在員夫人で、男性は若手の駐在員2名程度がお世話に付いて行くという雰囲気で、我々3名の男が混じっていた方が、少しは心強いかなと言う感じでした。実際、国境での荷物の揚げ降ろしの力仕事を手伝ったり、ペルシャ語しか話せぬ運転手の横で、ホンダのS氏が通訳を務めたりと、少しはお役に立つ事ができたかなと思っています。

トルコとの国境に到着したのは夕刻でしたが、イスタンブールの代理店への手土産に、免税店でスコッチウイスキーを買ったりして、うっとうしいテヘランからの脱出と言う旅行気分に浸っていました。国境には日系各社のチャーターバスが団子状になっており、見知らぬ同士ですが、順番にお先ですと手を振って出発して行きました。我々が走り出して、二時間程経った頃、道路脇に一台のバスが止まり、路上で誰かが手を振っていました。このルートには山賊が出現する恐れが有るとの話を聞き込んでいたので、我々三人は大声で運転手に、止まるな走れ走れと怒鳴っておりました。道路上で手を振っている人間を交わして、追い越して走った際に、「助けてくれー」と言う日本語が耳に飛び込んで来ました。日本人が助けを求めていると判り、大急ぎでバスを止めて、バックさせて路肩に止まっているバスの所まで戻りました。

降りて様子を尋ねると、先ほど国境で手を振って先行した、東亜建設工業チャーターのバスで、途中で銃撃され二人が負傷したとの事でした。彼らのバスの運転手は、銃撃でタイヤがパンクしているにも拘わらず、十五分ほど走り続け、現場から逃げ切ったとの事です。タイヤが火を噴きそうになったので、路肩に止め、後続車が通りかかるのを待っていたとの事です。と言う事は、一歩間違うと、我々のバスが、銃撃されていたとぞっとしたものでした。負傷者2名と引率者を最寄の病院まで乗せていって欲しいとの事で、その晩我々が泊まる予定の都市のエルズルムの病院まで運ぶ事になりました。

負傷者の野地さんが、私の隣の空席に座ったので、状況を聞いたが、眠っていたので殆ど何も判らないとの事でした。寝ているうちに急に足に衝撃があったので、何か荷物が網棚から落ちて来たのかと思ったが、見たら足の甲に銃弾の穴が空いているので驚いたとの事でした。ウイスキーを持っているので、西部劇で見る様に、消毒の為に傷口にかけましょうかと尋ねると、傷自体は大した事は無いが、痛み止めに口に入れて欲しいと言われたので、一本差し上げました。イランは禁酒国ですので、お酒に飢えておられたのかも知れません。ともかく無事病院まで届けて、ホテルに到着したのは、真夜中になっていました。翌朝、東亜建設のバスも同じホテルの駐車場に止まっていましたが、バスの側面タイヤの高さに1m間隔ぐらいにポツポツと銃弾貫通の跡が残っていました。

当時、PKK(クルド独立運動の組織)のトルコに対するテロ行為が激しく、ホテルのスタッフから聞いた話では、直ちにトルコ空軍がヘリコプターを出して、現場付近の掃討を始めたとの事でした。当初丸紅のバスは、アンカラ、イスタンブールまで行く予定でしたが、ご婦人方がもうこれ以上バスの旅はこりごりとの事で、エルズルムで飛行機に乗り継ぎ、丸紅社の鷲の翼は解散する事になりました。我々は3人は、トルコ側の国境までサポートに来ていた、丸紅アンカラ支店の乗用車にアンカラまで乗せて貰いました。丸紅社には大変お世話になり、今も感謝しております。

当時のサンケイ新聞の記事を添付致します。(拡大可能ですので、興味の有る方は記事をお読み下さい。)この事件は文芸春秋でも読み物になった筈ですが、関連の号が不明で探しきれていません。

広告

Posted in イラン, トルコ | タグ: | Leave a Comment »