SMallpotatoEs スモールポテト

海外駐在員時代の思い出等

Posts Tagged ‘ちゃらんぽらん’

イランで道を尋ねると「ちゃらんぽらん」

Posted by japansmallpotatoes : 11月 7, 2009

中国語を学んでいる時に、白帝社出版、沈国威著の「中級中国語 資格にチャレンジ」と言う教科書を使っていた事がありました。大変優れた内容の教科書で、中国語検定試験の出題内容に沿った例題も豊富で、しかも沈先生のホームページを覗くと、その回答が見つかると言う親切さでした。 

その第9課に、”問路(道を尋ねる)”と言うテキストが有ります。内容は世界各地を旅行していて、道を尋ねると言う些細な事で、その訪問国の人情味や民族性が判るというものです。 ”ドイツでは道を尋ねられた人が、懐から紙とペンを取り出して、さらさらと地図を書いて道を教えてくれた。フランスでは、英語で尋ねたにもかかわらず、麗しい響きのフランス語で、ペラペラペラと答えられた。イギリスでは、老紳士が手持ちの傘で曲がり角を指し示して教えてくれ、その曲がり角まで行って後ろを振り返ると、老紳士は元の場所に立って、そこだよと言う風に頭を頷かせた。日本では、英語の話せない中年の人が、バス停まで案内してくれ、バス停でバスを待っていた他の人に、この遠来の人がちゃんとバスに乗って、降りれるように頼んでくれた。”と言う内容です。

作者の観察力と例えのうまさに感心すると共に、1970年代後半イランに駐在当時の事を思い出しました。当時日本人の間では、イラン人に道を聞く際には必ず2-3人に同じ質問をして、多数決で方角を決める様にと言われていました。イラン人は例え自分が知らない場所でも、自信満々に違う方向を教えるので、気を付けなければならないと言う事です。小生の経験でも、決して悪意を持っている訳では有りませんが、外国人に対して何かを知らないと言う事に、自尊心が許さぬのか。或いは彼ら独特の価値観で、知らないのは恥だが、間違うのは恥ずかしくないと言う気持ちが伝わりました。

中国語でという漢字を使った熟語にろくな意味は有りません。胡搞(いたずらをする)胡来(でたらめな方法でやる)胡言(たわごと)等等。歴史の五胡十六国の胡が、必ずしもイラン系とは限らないと思いますが、イラン系民族も胡の中に混じっていたのは間違い無い筈です。とすると、「(古代の)イラン人が言う」というのは”胡説”となりますが、現代中国語での意味は「いい加減な事を言う」という意味になります。もしかして、古代の中国人もイラン人に道を尋ねて、反対方向を教えられ、西域の砂漠で命を落としそうになったのかも知れません。

もしかして、古代の日本人もイラン人に何か騙されたのかも知れません。イランのペルシャ語のCHARAND-O-PORAND“は「いい加減な事を言う」意味と日本人の先輩に教わった事があります。それって日本語の「ちゃらんぽらん」はペルシャ語と同じと言う事ではないですか。

誤解なき様に言っておきますが、小生はイラン人大好き人間ですので、面白、可笑しく伝えても、彼らを馬鹿にしている訳では有りません。

 

トラックバックさせて戴きました。 2009/11/28

襦袢がアラビア語!?

Posted in イラン, 日本, 中国 | タグ: | 4 Comments »